高度なユーザーセグメントで

ユーザーを引き付けるアプリ体験を提供します

アプリユーザーを利用行動、位置、デバイスの種類、購入日などに基づいてセグメント化することで、印象に残る体験を提供できます。

許諾不要の通知を活用しましょう

ダイレクトプッシュ送信(仮認証機能)の利用で、iOS端末の通知センターにプッシュ通知を直接送ることができます。これにより、ユーザーは実際の通知をいくつか受信してから、オンオフの決断をすることができます。

グループ通知を利用してユーザーの注目を得ましょう

より優れたユーザー・ターゲティングを実現するため、「お知らせ」や「取引履歴」など通知をグループ化することができます。Insider APIを活用して「サマーセール」「カート離脱」「注文状況アップデート」などのカテゴリーを作成し、通知の視認性を増やしましょう。

毎回のプッシュ通知をよりパーソナルに

動的コンテンツ機能を利用すれば、ユーザー属性に応じてメッセージの内容を自動的に、リアルタイムで関連性の高いものにすることができます。

小さな画面では、タイミングが重要です

InTime機能を使うと、プッシュ通知送信のタイミングが自動的にスケジュール設定されます。これにより、各ユーザーにとって適した時間に通知が送信されます。

リッチプッシュで無視されない通知を

複数の製品を同じ通知に載せて送信したり、カートに入れたまま購入していない商品のことを思い出させたり、商品を使ったコーディネート一式のストーリーを送信したりしてみてください。どの形式が最もクリックされるか、CTR分析しましょう。

リッチプッシュで無視されない通知を

複数の製品を同じ通知に載せて送信し、訪問者に対しカートに残っている商品のことを報せ、完全に揃った服装一式といったストーリーを伝えることにより、各製品または提供されたオファーのCTRについて追跡します。

リッチプッシュで無視されない通知を

複数の製品を同じ通知に載せて送信し、訪問者に対しカートに残っている商品のことを報せ、完全に揃った服装一式といったストーリーを伝えることにより、各製品または提供されたオファーのCTRについて追跡します。

オンラインとオフラインのギャップを埋める

ユーザーが特定のジオフェンス・エリアに入ると、すぐにプッシュ通知が送信されます。オフラインでのインタラクション効果も望めます。

資料を請求する