モバイルアプリのコンテンツを、動的にパーソナライズ

ユーザーの行動やライフサイクル・ステージに合わせてモバイルアプリのコンテンツをパーソナライズしましょう。テキストの内容やフォントサイズといった些末な変更だけでなく、画像やCTAボタンの様な目立つ変更も可能です。採用が決まったら、追加の開発やアップデートの手間なしに実装できます。

モバイルアプリのメニューの順序を変更し、より使いやすく

ハンバーガーメニュー内のメニュー内容を、ユーザーのサイト内行動に合わせて素早く変更できます。これにより、ユーザーが探しているものをより簡単に見つけることができます。

各ユーザーに合わせてホームページのスライダーをパーソナライズ

モバイルアプリ上の最重要スペースは、ホームページトップのスライダーです。このスペースを最大限に活用しましょう。Insiderの技術を使えば、オーディエンスに合わせてスライダーの内容を変えることが可能です。

アプリのページレイアウトをテスト

モバイルアプリのレイアウトを複数用意し、どれが最もコンバージョンを促すか、テストしてみましょう。画像、タイトル、詳細記述、CTAなどの要素の位置を入れ替えてテストできます。

テストでモバイルアプリを最適化

モバイルアプリ上のあらゆる要素を、変更要素に指定してテストしましょう。自社のデベロッパーが一度設定を行うと、その後はアップデートの必要なく、様々なバージョンをテストできます。

資料を請求する